Posts tagged ‘難しい’

narenai看護師としての実務経験はあるものの、
結婚や出産などで休職した。
という方もいますよね。

家庭を持っている看護師の中には、
看護職としては楽とどうしても家事に支障が出てくるので、
もっと別の働き方を考えているという人もいます。

 

そのため、中には看護教員として働くことを考えている。
という方もいるかもしれません。

看護教員は看護師免許だけあれば就くことが出来る。
と考えている人もいるかもしれませんね。

 

でも、実は看護教員になるためには、
看護師免許以外にも臨床経験が5年以上必要などの要件があます。
研修の必要性などもあります。

再就職先として考える時には、
看護教員というのは以外に大変な仕事になるんです。

 

看護学校の教員の場合には、
最低でも半年程度の研修が必要になります。

また、高校の看護科の場合には、
教員免許も必要になりますよね。

 

すでに看護大学などを出ていて
教員免許(看護)の免許を取得しえいる人以外は
難しいと言えます。

 

看護大学や看護短大になると、
教員を目指す人は多く、
研究室などには看護教員予備軍が沢山いる状況になっています。

復職するにあたり、看護教員もいいかな。
というような軽い気持ちでは
なることが出来ない職業ということになりますよね。

 

dekiru看護教員となると、
やはり教育者であるから教員免許が必要なのかな?
と考えている人もいますよね。

でも、実際に看護教員として働く上で、
教員免許を取得する必要があるのは、
高等学校の看護科の先生だけになります。

 

看護学校や看護大学、看護短大では教員免許ではなく、
臨床経験が5年以上という実務経験があれば
基本的には問題がありません。

ただ、看護学校の場合には、免許ではなく研修を受ける必要が、
大学や短大であれば、研究を積み重ねた実績などが必要になります。

 

どのような学校の教員となりたいかによって、
選ぶべき進路というものが異なってきます。

早いうちに進路を考える必要があります。

 

教員になるための実務経験というのは、
最低でも5年は必要です。

看護大学を卒業し、その後研究者として看護大学の看護教員を目指す場合でも、
5年は臨床経験が必要と考えると、
大学を入学する前からしっかりと看護教員になることを考えておかなければなりませんよね。

 

実務を経験するうちに、看護教員として教えるより、
実際に実務についている方が良いと思うかもしれませんし、
教員募集に応募しても、必ず採用されるとは限りません。

実務から身を引いて教員の道を選ぶという方もいます。
実際には教員になるにはかなりの高倍率で採用を勝ち取らなければなりませんので、
この点は注意が必要です。