Posts tagged ‘採用’

 

dekiru看護教員となると、
やはり教育者であるから教員免許が必要なのかな?
と考えている人もいますよね。

でも、実際に看護教員として働く上で、
教員免許を取得する必要があるのは、
高等学校の看護科の先生だけになります。

 

看護学校や看護大学、看護短大では教員免許ではなく、
臨床経験が5年以上という実務経験があれば
基本的には問題がありません。

ただ、看護学校の場合には、免許ではなく研修を受ける必要が、
大学や短大であれば、研究を積み重ねた実績などが必要になります。

 

どのような学校の教員となりたいかによって、
選ぶべき進路というものが異なってきます。

早いうちに進路を考える必要があります。

 

教員になるための実務経験というのは、
最低でも5年は必要です。

看護大学を卒業し、その後研究者として看護大学の看護教員を目指す場合でも、
5年は臨床経験が必要と考えると、
大学を入学する前からしっかりと看護教員になることを考えておかなければなりませんよね。

 

実務を経験するうちに、看護教員として教えるより、
実際に実務についている方が良いと思うかもしれませんし、
教員募集に応募しても、必ず採用されるとは限りません。

実務から身を引いて教員の道を選ぶという方もいます。
実際には教員になるにはかなりの高倍率で採用を勝ち取らなければなりませんので、
この点は注意が必要です。

未経験者は採用されない?

kwjaeh
看護教員を経験している人には敵わないでしょう。
しかし、未経験者でも合格をすることはあります。
それは、看護学校の養成所出身の人などです。

実際に生徒に教えられるようになるまでの
心構えなどを学ぶので、
これから未来を担う若者に
指導をすることができるというものです。

 

しかし、そういう人が
何人もいた場合はどうなるでしょうか。

教え方がうまいかどうかが重要で、
同じものを見ても人によって感じ方が違います。

 

いかにまごつかずうまく話すことができるかなど、
教員になった場合必要なポテンシャルを
どれだけ持っているかで採用率も変わる
でしょう。

 

個性が大切

医療機関は
これからも増え続けることが予想されるので
看護教員の需要も高まっていきます。

他人に教えることができる
うまく伝えることができるというのは、
その人のボキャブラリー以外にも
人間性が入ってくると言えるのです。

 

別ルートでは現場で何年も働いている人も
採用率アップしやすいです。

募集要項に書いてあるスキルを持っていれば、
かなり有利に働くことができるでしょう。

 

一般常識はもちろんのこと、
この人をとりたいと思わせる個性も大事です。

他の企業の面接でも同じことが言えますが、
マニュアルの丸暗記では合格は遠のきそうです。

 

高校の看護科の教員になるには

mgewaa
看護教員の求人募集で
採用試験を受けて合格すれば看護教員になれます。

簡潔に言えばこういうことですが、
実際には誰を対象にして授業をするのかで
持つべき資格が変わる
のです。

 

高校の看護科の教員の場合はどうでしょうか。
たしかに看護という名前はついていますが、
病院勤務で働かなければなれないわけではありません。

教育学部を卒業して教員免許を持っていれば
教えることができます。

 

そこで各都道府県の試験に合格すれば
教員になれます。

看護教員募集

 

看護師の資格は必要?

では、大学の教員になるには
どうすればいいのでしょうか。

大学の場合は、病院勤務をしていなければならず
看護師の資格を有していなければなりません。

 

よって、より本格的な
実践のことを教えられるようになるので
最低限5年間は院内で働いていなければならないのです。

どちらの教員になりたいかで、
進学する道が変わる
ので
勘違いしないようにしてください。

 

大学卒業ですぐに先生になれる人と、
看護師の資格を取っても5年以上は
先生にはなれない人がいます。

教員になって教えることができる最低年齢が
違う事を覚えておいてください。

 

その他、大学教授などの推薦で
教員になることが出来ることもあるので、
採用されるの道はいくつかあるようです。