sinro看護教員になるためには、
実は看護師学校や看護大学を出れば
OKという訳ではありません。

一定期間の臨床経験が必要になります。
学校の種類によっては、
看護大学や大学院を卒業している必要があるケースもあります。

 

実は条件というのは様々なんですよ。

高校の看護科の場合には、
看護大学を卒業し、高等学校教員(看護)の免許が必要です。

 

一言で看護教員になりたいと言っても、
目指している教育施設がどこなのかによって、
実は看護師資格を取得するために目指す教育機関を選ぶ必要があるんです。

 

看護師として働くだけであれば、
特にどの教育機関を選ばなければならないという決まりはありませんが、
将来的に看護教員となりたいという目標があらかじめある。

ということであれば、
選ぶべき教育機関は決まってきます。

 

例えば、高等学校の看護科の教員になりたいのであれば、
看護大学で教員免許を取得することが出来る
学科を選択する必要がありますよね。

看護大学や看護短大の教員になりたいのであれば、
少なくとも大学教員であれば大学院、
看護短大であれば看護大学に入学して卒業する必要があります。

 

高校進学前にはこのような事をしっかりと考えて、
進路を決定して行く必要があります。

看護専門学校の場合には、
看護師としての臨床経験があれば看護専任教員となれる可能性はありますが、
他の道については閉ざされてしまっている可能性はあります。

 

子どものころからしっかりと進路を考えておくことは、
自分がなりたい職業に就くためには必要なんですね。