narenai看護師としての実務経験はあるものの、
結婚や出産などで休職した。
という方もいますよね。

家庭を持っている看護師の中には、
看護職としては楽とどうしても家事に支障が出てくるので、
もっと別の働き方を考えているという人もいます。

 

そのため、中には看護教員として働くことを考えている。
という方もいるかもしれません。

看護教員は看護師免許だけあれば就くことが出来る。
と考えている人もいるかもしれませんね。

 

でも、実は看護教員になるためには、
看護師免許以外にも臨床経験が5年以上必要などの要件があます。
研修の必要性などもあります。

再就職先として考える時には、
看護教員というのは以外に大変な仕事になるんです。

 

看護学校の教員の場合には、
最低でも半年程度の研修が必要になります。

また、高校の看護科の場合には、
教員免許も必要になりますよね。

 

すでに看護大学などを出ていて
教員免許(看護)の免許を取得しえいる人以外は
難しいと言えます。

 

看護大学や看護短大になると、
教員を目指す人は多く、
研究室などには看護教員予備軍が沢山いる状況になっています。

復職するにあたり、看護教員もいいかな。
というような軽い気持ちでは
なることが出来ない職業ということになりますよね。

kyuujin看護教員の仕事を探したいと思っても、
なかなか仕事が見つからない、
求人が見つからない。

というケースは多くみられます。

 

ハローワークで探してみてもなかなか見つからない。
という人は多いのではないでしょうか。

看護教員の場合、
実はハローワークよりは看護師の転職専用のサービスを利用している
という学校は多くみられます。

 

もともと看護教員は看護師免許があり、
臨床経験が必要な職業です。

このような理由で、
一般に広く求人を行うよりは、
看護師経験がある人に対して募集をかけた方が効率が良いという理由があります。

 

看護師学校にはいろいろな種類もあり、
自分の就業条件に合っている学校も、
転職サービスなら見つけやすくなりますよ。

もし、自分が卒業した看護学校の教員募集があれば、
在学中にお世話になった教員にコンタクトを取ることで
採用の近道になることもあります。

 

実は、看護学校は卒業生を中心に教員を採用していたり、
職員の人脈を使って看護教員を採用している。
ということも多くなっているんです。

卒業生採用や人脈の採用というのは、
やはり在学当時の教員が在員中である、
知り合いが教員として働いているときにだけ期待できる方法になります。

 

すでに顔見知りの教員がいない場合には、
ちょっと難しい方法ですよね。

このようなケースでは、
独自に学校のサイトなどで求人を受け付けている場合もあります。

 

そこで、一度卒業した看護学校のサイトや
知り合いがいる看護学校のサイトで
求人情報をチェックしてみることもおすすめです。

 

sodateru少子高齢化社会を迎え、
今後はさらに看護師の需要は高くなると言われています。

でも、看護師は国家資格がなければならない職業で、
国家資格を取得するためには看護学校などで
専門的な教育を受ける必要があります。

 

この看護学校で看護師を育てる仕事を担う看護教員は、
看護師の国家資格を取得している人でなければなりません。

将来必要になる看護師を育てるために、
看護師免許を取得している方に看護教員となってもらう必要というのは、
実は高いと言われているんです。

 

でも、臨床の現場でも看護師不足が叫ばれており、
看護教員の数自体の確保が出来ない可能性もあります。

可能でれば、看護教員としての道を選び、
将来の看護師を育てる仕事にも
目を向けていただきたいと思います。

 

看護師の職場というのはかなり勤務自体が過酷です。

昔の職場環境に比べると、
現在の看護師の職場環境はかなり改善してきているとも言われていますが、
それでも一般的な職場環境に比べると、
決して良い環境であるとはいいがたいですよね。

 

職場環境の改善は、
現場で働く看護師の努力によって行われています。

将来の医療、看護職を担う看護師のたまごたちを教育する看護教員には、
このような看護師の職場改善に取り組むことが出来るような
看護師を育てることも大切です。

 

看護師自身が看護師の職場環境を整えることが出来る。
そんな人材教育も大切ですよね。

 

dekiru看護教員となると、
やはり教育者であるから教員免許が必要なのかな?
と考えている人もいますよね。

でも、実際に看護教員として働く上で、
教員免許を取得する必要があるのは、
高等学校の看護科の先生だけになります。

 

看護学校や看護大学、看護短大では教員免許ではなく、
臨床経験が5年以上という実務経験があれば
基本的には問題がありません。

ただ、看護学校の場合には、免許ではなく研修を受ける必要が、
大学や短大であれば、研究を積み重ねた実績などが必要になります。

 

どのような学校の教員となりたいかによって、
選ぶべき進路というものが異なってきます。

早いうちに進路を考える必要があります。

 

教員になるための実務経験というのは、
最低でも5年は必要です。

看護大学を卒業し、その後研究者として看護大学の看護教員を目指す場合でも、
5年は臨床経験が必要と考えると、
大学を入学する前からしっかりと看護教員になることを考えておかなければなりませんよね。

 

実務を経験するうちに、看護教員として教えるより、
実際に実務についている方が良いと思うかもしれませんし、
教員募集に応募しても、必ず採用されるとは限りません。

実務から身を引いて教員の道を選ぶという方もいます。
実際には教員になるにはかなりの高倍率で採用を勝ち取らなければなりませんので、
この点は注意が必要です。

taiguu看護師の給料というのは
とても高いと言われていますよね。

今まで高い給料で働いていたのに、
看護教員として働き始めたら
思いのほか給料がダウンしてしまった。
という話は実はよく聞く話の一つです。

 

看護教員になるために、選考方法や提出する書類などについて
しっかりとチェックしている人は多いのですが、
いざ教員として採用された段階で、給料の低さに驚いた。

という人は実は多いんです。

 

働き始めてから給料面での不満が出てくる。

ということがないように、
実際に就職した場合の給料というのは
あらかじめ確認しておく必要がありますよね。

 

看護師の仕事は人の命を預かる仕事なだけに、
なかなか急に休みを取ることが難しいと感じていた人は多くいます。

子どもの急な病気などで看護師仲間に
出勤を変わってもらった経験がある人もいますよね。

 

でも、看護教員となった場合、
実は看護教員の同僚に代わってもらう。
ということは難しいと言われています。

理由としては、もともと看護師配置に比べて看護教員の数が少ない点、
そして看護教員ごとに担当している科目が異なる点などがあります。

 

どうしても私的な事情で休むことは難しいので、
この点は考えておかなければならないことの一つになります。

unnei看護師となるために看護学校に通っていた。
という人は多いですよね。

そんな看護学校で教員になり、
未来の看護師を育てたい。
という方もいると思います。

 

自分が卒業した看護学校以外にも、
看護学校は数多くあります。

どの看護学校で教員になるのかを選ぶ時には、
実はその学校の運営母体を
しっかりとチェックすることが大切になってきます。

 

看護学校を運営している経営母体はいろいろあります。

例えば、病院などの医療法人が運営しているケース、
大学など学校法人が運営しているケース、
そして地方自治体が運営しているケースです。

 

それぞれのケースで勤務地や
勤務形態が変わることがありますので、
この点をチェックすることは大切です。

 

看護学校に専任教員として就職し、
実際に生徒に教えるには、
実は資格を取得する必要があります。

そのため、看護学校の教員になる資格を取得してから教員を目指すのか、
教員として採用されてから研修を受けることが出来るのかによって、
就職条件は大きく異なってきます。

 

また、実際に看護教員となって就職した後でも、
教員としての研修が待ち構えている可能性もあります、

教える立場としても
最新の医療技術の習得や
知識が必要になることは多くあります。

 

研修制度がどのようになっているのかという点は、
病院に看護師として入職するよりも
しっかりとチェックしておきたい点ですよ。

sinro看護教員になるためには、
実は看護師学校や看護大学を出れば
OKという訳ではありません。

一定期間の臨床経験が必要になります。
学校の種類によっては、
看護大学や大学院を卒業している必要があるケースもあります。

 

実は条件というのは様々なんですよ。

高校の看護科の場合には、
看護大学を卒業し、高等学校教員(看護)の免許が必要です。

 

一言で看護教員になりたいと言っても、
目指している教育施設がどこなのかによって、
実は看護師資格を取得するために目指す教育機関を選ぶ必要があるんです。

 

看護師として働くだけであれば、
特にどの教育機関を選ばなければならないという決まりはありませんが、
将来的に看護教員となりたいという目標があらかじめある。

ということであれば、
選ぶべき教育機関は決まってきます。

 

例えば、高等学校の看護科の教員になりたいのであれば、
看護大学で教員免許を取得することが出来る
学科を選択する必要がありますよね。

看護大学や看護短大の教員になりたいのであれば、
少なくとも大学教員であれば大学院、
看護短大であれば看護大学に入学して卒業する必要があります。

 

高校進学前にはこのような事をしっかりと考えて、
進路を決定して行く必要があります。

看護専門学校の場合には、
看護師としての臨床経験があれば看護専任教員となれる可能性はありますが、
他の道については閉ざされてしまっている可能性はあります。

 

子どものころからしっかりと進路を考えておくことは、
自分がなりたい職業に就くためには必要なんですね。

dakyou
新人教育などを担当するようになり、
未来の看護師を育てる
看護教員の仕事に興味が出てきた。

という方もいるかと思います。

 

でも、実際に看護教員になるにはどうしたらいいのか、
そもそも求人があっても、
いったいどこに注目してチェックすればいいのか分かり難いことも多くあります。

求人情報をチェックするときには、
最低限「雇用期間」「休日日数」「時間外労働」
については注目しておきたいところです。

 

また、給料の面は気になりますが、
社会保険に加入しているのか、
通勤手当や住宅手当などが支払われるのか。

などもチェックし、
勤務先の女性比率なども
チェックできたらいいですよね。

 

看護教員として働くということは、
新人教育とは異なる点が沢山あります。

どのような仕事をすることになるのかは、
就職してみないと分からないという点は多いですよね。

 

もし、疑問に思ったことが有ったら、
早めに解決することは大切です。

これくらいのことを聞くのはへんかな?
と後回しにしてしまうと、
いつの間にかそれが大きな疑問になってしまう事もあります。

 

特に就業条件などは、最初は些細な事と思っても、
ずっと仕事をしていく間に
大きな問題になることもあります。

一つの求人にこだわらずに、
自分の条件に合った仕事をするために転居をする
といった事も必要になるケースはありますよ。

 

一生働くのであれば、
妥協はしない方がいいですよね。

未経験者は採用されない?

kwjaeh
看護教員を経験している人には敵わないでしょう。
しかし、未経験者でも合格をすることはあります。
それは、看護学校の養成所出身の人などです。

実際に生徒に教えられるようになるまでの
心構えなどを学ぶので、
これから未来を担う若者に
指導をすることができるというものです。

 

しかし、そういう人が
何人もいた場合はどうなるでしょうか。

教え方がうまいかどうかが重要で、
同じものを見ても人によって感じ方が違います。

 

いかにまごつかずうまく話すことができるかなど、
教員になった場合必要なポテンシャルを
どれだけ持っているかで採用率も変わる
でしょう。

 

個性が大切

医療機関は
これからも増え続けることが予想されるので
看護教員の需要も高まっていきます。

他人に教えることができる
うまく伝えることができるというのは、
その人のボキャブラリー以外にも
人間性が入ってくると言えるのです。

 

別ルートでは現場で何年も働いている人も
採用率アップしやすいです。

募集要項に書いてあるスキルを持っていれば、
かなり有利に働くことができるでしょう。

 

一般常識はもちろんのこと、
この人をとりたいと思わせる個性も大事です。

他の企業の面接でも同じことが言えますが、
マニュアルの丸暗記では合格は遠のきそうです。

 

高校の看護科の教員になるには

mgewaa
看護教員の求人募集で
採用試験を受けて合格すれば看護教員になれます。

簡潔に言えばこういうことですが、
実際には誰を対象にして授業をするのかで
持つべき資格が変わる
のです。

 

高校の看護科の教員の場合はどうでしょうか。
たしかに看護という名前はついていますが、
病院勤務で働かなければなれないわけではありません。

教育学部を卒業して教員免許を持っていれば
教えることができます。

 

そこで各都道府県の試験に合格すれば
教員になれます。

看護教員募集

 

看護師の資格は必要?

では、大学の教員になるには
どうすればいいのでしょうか。

大学の場合は、病院勤務をしていなければならず
看護師の資格を有していなければなりません。

 

よって、より本格的な
実践のことを教えられるようになるので
最低限5年間は院内で働いていなければならないのです。

どちらの教員になりたいかで、
進学する道が変わる
ので
勘違いしないようにしてください。

 

大学卒業ですぐに先生になれる人と、
看護師の資格を取っても5年以上は
先生にはなれない人がいます。

教員になって教えることができる最低年齢が
違う事を覚えておいてください。

 

その他、大学教授などの推薦で
教員になることが出来ることもあるので、
採用されるの道はいくつかあるようです。